大倉山(横浜)の歯科/歯医者 「横浜インプラントハウスあらや歯科医院」です。当院では、痛みを感じないような治療を心掛けております。

「インプラント」と「部分入れ歯」・「ブリッジ」との違いは?

インプラント

メリット

  • 噛み合わせの安定を長期間保つことができる。
  • 失った歯の数が多い場合にも咀嚼能力を回復できる。
  • 自分の歯と同じように見える。
  • 自分の歯のような感覚で噛む事ができる。
  • インプラントがしっかり固定すると、顎の骨がやせるのを防ぐ事ができる。
  • ブリッジのように両隣の歯を削る必要がない。
  • 適切にケアすれば充分長持ちする。
  • 抜け落ちてもやりなおしができる。
  • 自分の歯と比べ、食感や味覚は、あまり差がない。
  • 天然歯の負担を減らし、天然歯を守る。

デメリット

  • 治療時間が長くかかる。(HAコーティングインプラントにより最短4週間となった)手術を必要とするため適応とならない場合がある
  • 比較的費用がかかる。

部分入れ歯

部分入れ歯

メリット

  • 短期間(数年)であれば、咀嚼機能をある程度回復できる。(天然歯の1/3)
  • 比較的短期間のうちに機能回復ができる。
  • 健康な歯を犠牲にする必要がない。
  • 取り外しが出来るため、自分では歯磨きが困難な方は衛生的。

デメリット

  • 入れ歯を支える骨や歯の喪失を招きやすい。
  • バネの架かる歯は負担が大きく、数年でぐらぐらしてくる。
  • 数年ごとに作りかえ、または調整を必要とする。
  • 適切な噛みあわせを長期間維持することができない。
  • 硬いものやお餅など、噛むのに苦労する。(噛む力が出にくい)
  • 装着による違和感を生じやすい。
  • 自然な外観を損ねることが避けられない。
  • 形状が合わないと口の中で動きやすく、痛みが伴う事がある。
  • 食べ物カスが残りやすく、口の中が不衛生になりやすい。
  • 発音しづらくなる事がある。
  • 取り外して手入れをする必要がある。

ブリッジ

ブリッジ

メリット

  • 自然の歯と同じような外観を回復することができる。
  • 自分の歯と同じように咀嚼することができる。
  • 自分の歯と比べ、食感や味覚は、あまり差がない。
  • 噛み合わせを回復することができる。
  • 歯列の安定したつながりを回復することができる。
  • 比較的簡単に治療が受けられる。

デメリット

  • 土台となるしっかりとした歯が両側にないと作製できない。
  • 失った歯の数が多いと処置できない。
  • 土台となる歯を削除しなければならない。
  • ブリッジを固定するために、両隣の歯を削らなければならない。
  • 土台にした歯に負担がかかり、清掃性が悪くなるので、歯を喪失する危険が増す。
  • セラミックを使った自然観の回復は保険の適応を受けることができない。
  • ブリッジの支台の歯に問題があるとすべてやりなおしとなる。
  • 削った後もし痛みが出れば、神経を取る場合もある。
  • 支えになる歯は負担が大きく、8年程度でだめになる。
  • 抜けた歯の部分の顎(あご)骨が、次第にやせてしまう事がある。
  • 食べ物カスが詰まりやすく、口の中が不衛生になりやすい。
  • 発音しづらくなることがある。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 045-544-9696 休診日/日曜・祝祭日

PAGETOP
Copyright © 横浜インプラントハウス All Rights Reserved.