大倉山(横浜)の歯科/歯医者 「横浜インプラントハウスあらや歯科医院」です。当院では、痛みを感じないような治療を心掛けております。

インプラントの治療期間は?

骨とインプラント体が結合する場合、インプラント体の表面の微妙な凹凸の差やインプラント表面の材質が結合までの期間に影響します。

インプラントと骨の相性

一番骨との相性がいいとされているものは、チタン表面にハイドロキシアパタイトと呼ばれる骨や歯を構成する成分がコーティングされたHAコーティングインプラントで、治療期間は下顎で1~2ヶ月、上顎で2~4ヶ月で可能です。1~2ヶ月で骨との結合が可能になります。

  • カルシテックインプラントーHAコーティング(ハイドロキシアパタイト)
  • AQBインプラントーHAコーティング(ハイドロキシアパタイト)

現在、横浜インプラントハウスでは、結合可能時間が短縮できることから、主にこの2種類のインプラントを使用しております。

二番目に骨との相性がいいとされているものは

チタン表面がサンドブラストと酸で処理されたI.T.I.インプラントで治療期間は1.5~2ヶ月(下顎)となります。インプラテックスコアベントHAも治療期間は1.5~5ヶ月程で可能になります。

  • I.T.I.インプラント-SLA表面/インプラテックスコアベントHA-部分的HA表面

三番目以降は

ブローネマルク、3I,アストラテックインプラントなど似たり寄ったりで、下顎の場合3ヶ月上顎の場合6ヶ月で可能になります。

骨の質による治療期間

上顎の骨は基本的に柔らかく下顎の骨は硬い傾向にあります。また、年令や歯を抜いた原因や、歯を抜いてからの経過年数により骨質は変化します。骨の硬さは1~4度にまで分類され骨の元々の堅さや骨の厚みや高さと言った形状により治療期間は左右されます。

インプラントの直径はだいたい3~5mmなのでその太さより2mmぐらい多めの骨の厚みがあり骨の高さとしては神経や血管がない部位を除いて10mm以上あれば全く問題なくインプラントの植え込みができます。このような普通の骨なら2ヶ月あれば治療はすべて完了します。

また、骨に厚みや高さが不足しているような場合はソケットリフト、サイナスリフト、GBR法、ベニアグラフト法、過骨延長法、などのテクニックを併用して増骨するので治療期間は4ヶ月から場合によっては12ヶ月ほどかかる場合があります。

抜歯をした後インプラントの埋入手術までの期間について

抜歯をしてだいたい6ヶ月経過すれば完全に歯を抜いた傷口は消えてわからなくなります。現在、当医院では抜歯と同時にインプラントを植立する即時埋入法を主に行っていますので6ヶ月待つ必要はほとんどありません。

また、抜歯をしてから待つ場合も2週間~2ヶ月後にはインプラントの植立が可能となります。

即時埋入即時付加法

現在学会や研修会で盛んに即時埋入即時付加法と呼ばれる方法がとられ始めています。この方法はインプラントを植立したと同時に歯の頭までつけてしまう画期的な方法でインプラントと骨が結合する前より噛む力を負担させます。

この方法はある条件が満たされなければできません。骨にじゅうぶんな厚みと高さがあり骨の質も1~3度と硬く患者さん本人が喫煙や飲酒をしていない、全身的に健康な方に限られます。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 045-544-9696 休診日/日曜・祝祭日

PAGETOP
Copyright © 横浜インプラントハウス All Rights Reserved.